2009年10月19日

perfコマンドを試してみる(1)

Ubuntu 9.10 (Karmic)はLinux kernel 2.6.31が入れられています。2.6.29-2.6.31はいろいろと面白い変更が入っているのですが、その一つにperformance counterの導入があります。これを使って遊んでみます。

sudo aptitude install linux-source-2.6.31 libelf-dev binutils-dev
tar xjf /usr/src/linux-source-2.6.31.tar.bz2
cd linux-source-2.6.31/tools/perf
make && make install

すると、勝手に$HOME/binにperfコマンドをインストールしてくれます。インストールが終わったら

sudo ~/bin/perf top

とかすると、ちゃんとkernel 2.6.31以降が入っていればperformance counterが動く様子を見ることが出来ます。

(次回に続く)
posted by chun at 10:22| 日記

連続値最適化

たまにはまともな話を書いて真面目なふりをしようかと。

SEA2009のInvited talkに出てきた
Experimental Differentiation-free Optimization Algorithm Comparison
http://dx.doi.org/10.1007/978-3-642-02011-7_3
(pdf / slide: http://hal.inria.fr/inria-00397334/en/ のfull text / appendices)
が面白いです。このtalkでは微分を用いることが出来ない連続値最適化問題のアルゴリズムを比較しています。
扱っているアルゴリズムは
BFGS
NEWUOA
CMA-ES
PSO
DE
などです。BFGS以外は90年代以降と、新しいです。

なかでもpresenterのイチオシはCMA-ESです。条件数が高い状況にも強く、また安定にglobal optimumを発見することができます。コストもBFGSのたかだか70倍程度ということで、global optimumを探せるという能力でお釣りが来ます。

実装も単純なので遊んでみようと思います。まずは衛星回収あたりで。
posted by chun at 07:45| 日記