2009年04月30日

豚flu

昨今(Recentlyから書き始めるメソッド)豚インフルエンザが話題となっておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
薬学を学んだ者の端くれとして、私は現在の状況を大変憂慮しております。特にデマ的な意味で。

最初に一言、過剰にインフルエンザウィルスを恐れる必要はありません。特にマスコミの皆様は過剰反応ではないかと思います。加えて、インターネット上で危機感を煽る言説、偽科学、決めつけ、などがありますが、皆さん冷静にm9ないしpgrしてください。

信頼できる情報源として国立感染症研究所のページを推奨しておきます。特にQ&Aを一度読まれると良いと思います。
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/index.html

現時点で話題のウィルスにはオセルタミビル(タミフル)、ザナミビル(リレンザ)が効くことが明らかになっております。従って、恐れる理由は全くありません。これらの薬は発症から48時間以内に投与する必要がありますが、それは日本ではきわめて容易です。保険証さえ持っていれば世界で最も安価な部類に入る治療費で、標準的な治療が受けられる国にいる利益を最大限に享受するべきです。
要するに高熱が出たら医者に行き(上記2つは処方箋薬です、薬局では買えません。追記:病院に行く前に保健所に連絡して下さい)、会社・学校に行かず、寝ていろと。会社・学校に行って同僚に広めないことがいつもより強く望まれるだけです。出来れば治ったと思ってもプラス1日ぐらい休んでください。繰り返しますが恐れる理由はありません。

豚肉はインフルエンザウィルスを媒介しません。買い控えるとか馬鹿な真似はやめてください。

冷静に対処してください。
posted by chun at 01:54| 日記