2008年03月24日

メタ・レッテル貼り

その運動を非科学的検閲主義と名付けるのはどうだろうか。

あんまりメタになってないなぁ。

ひとつの方法は、議論の抽象度を一段上げることだ。一般的な検閲に関して議論すれば、誰かが検閲したいと思っている本や映画に含まれている異端をもとに攻撃されることを避けられる。 レッテル貼りには、メタレッテル貼りで対抗するんだ。議論を避けるためのレッテル貼りそのものにレッテルを貼るわけだ。

(Paul Graham, What You Can't Say / 口に出来ないこと(Shiro Kawai訳) より)


"Those who would give up Essential Liberty to purchase a little Temporary Safety, deserve neither Liberty nor Safety." -- Benjamin Franklin

posted by chun at 05:39| 日記

2008年03月19日

コンボ

花粉症→ものもらい という最悪コンボ。
数式をいじる気力が潰えて研究が進まない。
posted by chun at 00:34| 日記

2008年02月25日

人生發^H初結婚式

出てきた。これはデビューと言うんだろうか。どうでもいいけど漢字変換を学習させすぎると困る。

おめでとう。何度も言っているけど「幸せにする」のではなく「幸せになる」んだぞ。>某氏
posted by chun at 00:45| 日記

2008年02月08日

論理型

論理型esoteric languageてあるのかしら。見たことない。
http://en.wikipedia.org/wiki/Esoteric_programming_language
見ても載ってない気がする。誰か考えそうなものだけど。
posted by chun at 03:50| 日記

2008年02月06日

再開して嬉しい

http://d.hatena.ne.jp/mmatsuoka/
さんの復活に狂喜乱舞する俺
posted by chun at 20:01| 日記

2008年02月04日

ubuntu (xubuntu) 7.10 AMD64 + Intel C++ Compiler 10

64bit版xubuntuにIntel Compiler 10を入れたとき、ちょっとだけ手こずったので書いておきます。
参考: http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=508778

必要なのは
lib32gcc1
ia32-libs
libstdc++5

この3つです。lib32gcc1がないとまずインストーラが動きません。後者二つがないと、インストールは出来るのですがリンクが出来なくなります。

posted by chun at 03:30| 日記

2008年01月24日

しまった

例のやつの〆切り忘れてた……orz

追記:「例の奴」はカナダでも台湾でもなく、日本です。
posted by chun at 19:24| 日記

2008年01月14日

ocamlscriptを3.10.1で

動かすのに試したことをメモっておきます。

・まずtryfinally_310.mlをcamlp4作者のtryfinallyに置き換えようとしてみました。tryfinally部分の置き換えは通ったのですが、優先順位が変わってしまい、main.mlが通らなくなりました。これは失敗。この後で頑張ってmain.mlを直せば通ったのではと思いますが、今回は試しませんでした。
・camlp5を導入し、Makefile, Camlp4Versionをs/camlp4/camlp5/gしました。これでコンパイルが通りました。注意点としては、-I +camlp4もcamlp5に置き換えるところぐらいでしょうか。

blogにしてから、箇条書きが面倒になりました。やはり自力で日記スクリプトを書く方がいいんでしょうか。
posted by chun at 11:52| 日記

2008年01月12日

3.10.1

出たようです。今回は基本的にbug fix releaseになります。

これでようやくocamlscriptが動くようになりますね。助かる。
1/14追記:動いてねぇ! CVS版なら動くはずなのに……try finallyにパッチ当てる必要が。

なにげに_build/*.annotを見に行く変更は嬉しそう。
posted by chun at 10:49| 日記

2008年01月04日

(去年|今年)の目標

達成:

修論をとっととカタす。
論文をとっとと書く。
短期研究ネタ'aと'bをとっとと動かす。
見積もりをより正確にする。
非平衡のアレとかを考える。
連続系の勉強をもうちょっとする。
料理を覚える。
p4
ICFP-PCを遊ぶ。

未達成:

使いやすい趣味アプリをつくる。わざわざダウンロードさせるのはダメだ。
→これは中途半端な状態で放置中。再開のつもり無し。
Coqを習得する。
→結局触っただけで終わってしまった。いろいろと勝手が違っていてきもい。
Coq以外で言語を覚える。+2個ぐらい目標。
→結局学んだのはRぐらいか。
某コンパイラの次期バージョンを設計してみる。
→ちまちま書いてるけどまだ未完。
自分用浮動小数DSLコンパイラを書き上げる。
→ちまちま書いてるけどこれも未完。
低分子のアレとかコレとかを考える。
→まぁ繋がり無くなったから放置。
アナログ回路を一通り勉強する。
→これもいまんとこ放置。
先輩に放置プレイを仕掛けるという不埒をやめる
→より難しいものを提案されてしまった。絶賛放置プレイ中。

今年の目標(目標完了月):

p4でla_p4を作る。(2月)
機械学習の勉強をもうちょっとする。(2月)
短期研究ネタ'cと'dを動かす。(3月, 11月)
某社でCとGを作る。(4月, 6月)
短期研究ネタ'aを実装する。(5月)
もう一回だけ微分幾何に挑戦して再度挫折する。(6月)
時相論理の勉強をちょっとだけする。(9月)
Coqに再挑戦する。kinaba氏がきっと分かりやすいチュートリアルを書いてくれるに違いない!(他力本願10月)
Coq以外で言語を覚える。+2個ぐらい目標。(6月, 12月)

無期限:

LLVMを使って何か作る。ほげほげcontinuedの論文見てなにか書いてみる。ad-hocな何かをless ad-hocにしてみる。
長期研究ネタ'eと'fを考える。計数な人に話聞きに行った方がよさそうだな。
手を動かす率を20%下げて、頭を20%速く回す。
posted by chun at 07:27| 日記

2007年12月31日

Phenom

情報が出てくるにつれて大変悲しい結果になっていて困ります。
なんかこう、NetBurstの頃のIntelを見ているかのような既視感が。

コアの値段以外の要素がないってどんだけ。
posted by chun at 05:14| 日記

2007年12月26日

アウェー戦

生物物理が分生と化していた。
「western blottingを行った結果」
「以下のようなmutant解析を」
「数式出してごめんなさい」
……たぶん次回は行かない。

ポスターのほうは面白かった。
posted by chun at 05:17| 日記

2007年12月16日

非nativeとの会話には気をつけましょう

"Believe it or not, ..." て言ったら「わ、わかった、信じるよぉ」て言われた。
posted by chun at 06:23| 日記

2007年12月10日

The bureaucracy is expanding ...

卒論とか修論の語数・枚数制限が何のためにあるのか分からない。

上限や目安は分かる。それ以上書かれても読めんぞ、教授は忙しいんだ、審査のためにもっと短く纏めろ、という話であれば、理解できる。科学というのは1000行を1行に纏める仕事であると信じている私からすると、短く纏めることは極めて重要な仕事だ。私が修論を書くときには、同じ事を出来るだけシンプルに表現するように努めた(尚、日記を書くときはそんなことはしていない。だからこの文は冗長だ)。誇張ではなく、1時間かけて書いた文章を、2時間かけて半分に削った。それが正しいと信じてきた。短い論文であれば、審査員が内容を読むのに時間を掛けずに済み、内容の深いところまで突っ込んだ議論が展開されるだろう。ランダウの教科書が一部で愛読されるのは、決してただの宗教じゃない。

だから、下限というのは何のためにあるのか全く理解できない。

充分な内容を持たせるため? でも、語数を増やすのは簡単だ。式の展開をわざわざ追跡し、数式を使っているところを自然言語に改め、長ったらしくて豪華絢爛な修飾語を大量に付与し、登場する単語を略語にせず、最後に全データをダンプした上でプログラムリストを足せば簡単に達成できる。日本人英語もまたとても役に立つ。同じ同一の事の事象を言葉で言うのに2倍の単語をダブルで使えばよく、そしてそれは平均的な学生が英語を書いて推敲しなければ簡単に達成できる。私はこれを「MIT AIラボ方式」と呼んでいる(失礼に当たるかな)。こうして出来上がった文章は、先行研究が示唆するとおり、ものすごく間抜けに見えることだろう。枚数を増やすのはもっと簡単だ。無意味に図を入れて1ページを埋めればいい。キャプションを付ければ語数も稼げて一石二鳥である。
そして、逆に、減らすのはとても難しい。短い論文ほど誤魔化しが効かない。短いほど、中身がないことは簡単に露呈する。クリティカルなデータが何であるか、理論展開の要点がどこにあるかを明確に示さなければいけない。

こうやって考えると、結局の所、大学にとっての利点、そしてそれを決定した教授会参加者にとっての利点が見えないのだ。思いつくとすれば、学生にとって中身がないことを誤魔化せることぐらいである。そしてこれは今述べた二者にとっての利点とは思いがたい。
(おおっぴらに口に出来ないような理由ならばいくつか思いつくが、ここではそれを仮定するつもりはない。)

4年の頃からこれはずっと疑問に思っている。今年、自分の卒業した修士課程の論文に下限が付いたと聞き、もう一度首をかしげている次第である。なんで?
posted by chun at 07:05| 日記

2007年12月02日

知り合いである疑惑

http://www38.atwiki.jp/algorithm_book/pages/12.html
凸多角形吹いたwww

最大流(Goldberg-Rao)
persistentなデータ構造のamortized costを評価するときのbanker's methodとphysicist's methodを解説してほしい

センスが良すぎる。

posted by chun at 14:42| 日記

言わなきゃバレないのに

>某所
#include <algorithm>もO()記法も知らない人がアルゴリズム本を書くなよと……。
いろいろ連想したが、
http://www.pro.or.jp/~fuji/computerbooks/c/c.modula2.html
と同じパターンで、正直言って有害でしかない。

この人前にも突っ込みどころだらけの発言してたし、正直ボロがでるからこれ以上発言しない方が良いと思うんだけど。

参考:
http://d.hatena.ne.jp/maehara/20071201 まったく同意見。
posted by chun at 00:48| 日記

2007年11月30日

台湾行ってきた

繁体字windowsでタスクマネージャが「工作管理員」だった衝撃。
posted by chun at 02:53| 日記

プログラマなら知っているべき10(12)のアルゴリズム

色々あるけど、「今の俺たちが何も考えずにプログラムを書けるのはなぜか」ってのなら次の奴かなぁ。
Quicksort
あまねくプログラムでの多大なる貢献により

RSA
暗号化についての貢献により

Lempel-Ziv / Burrows-Wheeler transform
圧縮による貢献により

Fast Fourier Transform
あまねく映像・音楽部門での貢献と、数値計算での多大なる貢献により

Topological Sort
パッケージ管理とmakeについての貢献により

Copying Garbage Collection
JavaとC#での貢献により

Dijkstra / Bellman-Ford
ルーティングを日夜支えた貢献により

LR parsing
プログラミング言語を支えた貢献により

Longest common sequence
Linusのバザールを支えた貢献により


他にデータ構造部門があれば、線形リスト、B-tree (とその変形)、ハッシュ表、suffix arrayを挙げたい。
posted by chun at 02:42| 日記

テスト投稿

いろんなところの圧力からついにblogツールを使うことにしました。いままでPermalinkなくてみなさんすいません。

ツール選択はだいぶ悩みました。まず書く内容が会社に触れる可能性があるので、商用利用について有料のものは厳密にはライセンス違反です。さてGPLやBSDなやつを探すとこれはほとんどがPHP&MySQLで、sakuraサーバのライトユーザーであるところの渡しには使えません。
結局辿り着いたのはサーバでのデフォルトblogツールでした。とりあえずコメントとトラックバックは受け付けない設定にしました。賛否両論あるでしょうが、僕はコメント欄というツールが嫌いです。いろいろ理由はあるんですが
http://sinseihikikomori.bblog.jp/entry/404937/
なんかは非常に僕が言いたいことに近いかと思います。もう一つ大きいのはスパムです。正直なところ、彼らにはこの世から消えて欲しいと常々思っているのですが、なかなか思うとおりにはいかないようです。

まだ設定しなきゃ行けないことは一杯残っています。特にこのCSSは幅をピクセルで指定しているので、幅800以下の環境でかなり見えづらいことになっています。この辺はおいおいカスタマイズしたいと思います。ちなみに元の週記の愛読者はご存じと思いますが、僕が「そのうち」と言うとだいたい5年ぐらい後になります。

元週記のアドレスは一応ここに貼っておきます。
http://shuns.sakura.ne.jp/?%BD%B5%B5%AD
次回からは普段の口調に戻りますよ。
posted by chun at 02:36| 日記